限られた空間を有効活用するプラン

2017.11.21 Tuesday 17:17
0

    今回のきっかけは、以前お世話になった方々のご紹介からリモデル工事へのご成約となりました。

    お話を聞いていくと、以前リフォームしたときに、トイレを大きくしたことによって、浴室の入口スペースがかなり少なくなってしまいました。

     

     

     

    当時は最高級グレードの便器も、レバーハンドルが奥にあり、厳しい体勢での危険な使用状況でした。

     

     

    また、浴室は在来浴槽で段差があり、冬は寒いタイルの仕様で、とても辛かったそうです。

     

     

    そこで今回は、水廻り空間を思い切って全部壊しちゃいました!

     

     

    解体して分かったことが、給水、給湯管が30年以上使用していた為に、かなりの腐食が確認できました。

    このまま使用した場合、近い将来に必ず漏水する恐れがあるので最新式の配管で敷設して、新しく床を造作しました。

     

     

    しっかり断熱材を充填して、準備が整ったので次はシステムバス設置になります。

     

    壁を作る前の状態です。浴槽にもしっかり保温が施されていて、これで冬将軍にも負けません!

     

     

    内装工事を終わらせて、器具を設置して完成になります。

    まずは、今まで無かった間仕切り壁になります。

     

     

    そして今回、独立させた洗面室になります。今までトイレの水を流すときは厳しい姿勢でしたが、これからは、リモコンボタンを押すだけで簡単に流れるようになりました。もちろん節水式トイレです。

    洗面化粧台も以前は間口60僂任い燭、今回は、75僂紡腓くなり、使いやすく改善されました。

     

     

    そして今回のシステムバスも、TOTOサザナを選択しました。足もとの心地よさと、翌日には乾いている【ほっカラリ床】が選んだ理由です。

     

     

     

     

     

     

     

     

    category:事例 | by:エヌホームズの社員からcomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
                
    Profile
    当初ホームページはこちら
    Selected entry
    Category
    Others